上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では実際に相手のプロフィールを見ながら、ファーストメールを書いてみましょう。

{プロフィールを作ろう - 1 -}、{プロフィールを作ろう - 2 -}で作ったものを元に、『丁寧文とタメ語を織り交ぜつつ、気を引き易い自己PRと、相手の趣味や文面に少し触れた程度の、普通の長さの文章』を考えてみます。

ここでは、ノエル(NOEL)という出会いサイトに登録している、ある2人の女性のプロフィールを例に書いてみます。
NOEL

件名:「どもっ!☆」
本文:「はじめまして、都内IT系企業で営業の仕事をしてます、△△在住の27歳です。
かまうのが好きで、たまにウザがられたりするけど、飽きさせないタイプだと思います。
弟系って1歳年下でも成り立つの?(笑)一応モトカノは2歳年上だったんですが(^^;
○○さんのこともっと知りたいんで、他は無視して俺に返事ください!
よろしく(≧∇≦)/」



ノエル

件名:「こんばんわ、初めてメールします」
本文:「はじめまして、都内IT系企業で営業の仕事をしてます、△△在住の27歳です。
かまうのが好きで、たまにウザがられたりするけど、飽きさせないタイプだと思います。
地方からだと、いろいろ気を使ったりして大変でしょう?俺の職場もそういう人いて、積極的に飲みに誘ったりしてます。
最近観た映画は□□が良かったなぁ☆ ○○ちゃんはどんなジャンルが好きなの?」



もう分りましたかね?
文章の構成としては、下記のようなものが基本になります。
プロフィールに書いた自己PR + かまうのが好きでマメな性格をアピール + 相手のプロフに合わせた内容 + 説得力を持たせる為の自分の体験談 + 相手が返信し易いような疑問文 +α 丁寧語とタメ語を織り交ぜる』

たったこれだけの文にも、注意点がたくさん盛り込まれています。
・社会人としての挨拶ができ、仕事をしているという普通さをアピール
・相手にエッチな匂いが漂っていても、そこはあえて避ける
・かまってくれる男性は女性全般の望み
・自分のステータスやルックスには触れないことで、性格重視だと思わせる
・すぐに会おうといった雰囲気をだして、相手を不安にさせない
・相手の写真がないことには、自分からは触れない
・年上にはある程度礼儀よく、年下には堅い印象をもたせず
・セカンドメールでも質問するため、疑問文は多くしすぎない

送った相手のことを覚え、後はメールの返信を待つだけです。


        ファーストメールの書き方 - 2 -のイズムを応援
        FC2ブログランキング 人気blogランキング 人気ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。